HOME >> 会社詳細









御挨拶

 栃木電子工業 株式会社は1972年創業以来、顧客第一主義をモットーとし、お客様に
満足していただけるような新技術開発やモノづくりに精進してまいりました。
 現在、プリント基板市場は中国をはじめとした海外への流出は留まるところを知りません。
また、当然のことながら国内の需要も減少し、コスト競争が激化しております。
このような背景の中、現在わが社では国内需要に特化し、無駄を省いたシンプルなものづくり、
そしてその作業に従事する社員づくりを中心に、100%品質保証を目指し、より安く、より早く
をモットーに日々精進しております。





社訓

我々はわが社が社会の恩恵によって存在することを自覚し、
常に新技術開発をすると共に顧客第一主義に徹し考動することを誓います。












会社概要

◇商号		栃木電子工業株式会社

◇代表者	代表取締役 廣田 剛治

◇設立		昭和47年3月1日

◇資本		3,500万円

◇年商		30億

◇従業員数	130名 平均年齢28歳 (平成22年度)

◇所在地	本社:栃木工場
		〒328‐0024 栃木県栃木市樋ノ口町444-1
		TEL:0282‐24‐4131  (代)FAX:0282‐22‐3292
		
		武井工場
		〒329‐4412 栃木県栃木市大平町北武井782
		TEL:0282‐24‐4132  (代)FAX:0282‐24‐4712
		
		樋ノ口工場
		〒328‐0024 栃木県栃木市樋ノ口町123
		TEL:0282‐24‐8171  (代)FAX:0282‐24‐3715

◇事業内容	プリント配線板製造全般(パターン設計から量産まで)

 (取扱商品)	プリント基板部品実装(協力会社委託)
		片面配線板(紙フェノール材)	月産 500u (協力会社100%)
		両面スルホール配線板		月産 20,000u
		4層、6層板(貫通スルホール)	月産 1,000u (一部協力会社)
		ハロゲンフリー配線板		月産 500u
		カーボン接点配線版・ピールコート印刷品
		上記以外の基板についても相談下さい。

 (表面処理)	耐熱プリフラックス処理(水溶性)
		半田レベラー処理 		(協力会社100%)
		金メッキ処理(電解・無電解)	(協力会社100%)
		鉛フリー半田レベラ-処理 	(協力会社100%) 

◇主要取引先
				株式会社 平和 様
				株式会社 三球電機製作所 様
				ナイルス株式会社 様
				キャノン電子株式会社 様
				その他

◇UL承認	No.E56019

◇ISO取得 	2000年8月	ISO9002取得
		2003年5月	ISO9001取得

			



沿革

1972年3月 資本150万円で栃木市堺町19-22に有限会社 栃木電子工業を設立。
1977年2月 資本を600万円に増資し株式会社とする。
1983年5月 栃木県樋ノ口町122番地に事務所、設計部門新築
1984年1月 資本3500万円に増資
1987年1月 栃木県樋ノ口町444-1番地に工場新築
1998年4月 平行露光機、エッチングライン増設
2000年8月 ISO9002を取得
2006年5月 両面ロールコー印刷機、自動露光機新設
2012年3月 AOI新規設備入れ替え 自動外観検査機2台新設