HOME >> プリント基板事業

プリント基板事業

多品種・高度化するプリント基板ニーズに
オリジナリティあふれる卓越した技術力で対応します。

通信機器や事務用機器など製品自体の小型化や高性能化に伴って、心臓部となるプリント基板の高精度化が著しく進んでいます。加えて、製品寿命の短サイクル化や製品ニーズの多様化で、多品種少量生産への対応も重要なポイントになっています。こうした厳しい条件のもとで、よりフレキシブルでコストパフォーマンスに優れたプリント基板の生産が求められています。

栃木電子工業では、創業以来一貫して培った厚い技術蓄積の上に世界をリードする先進の技術を付加することで、独自にフレキシブルな生産システムを構築する一方、線幅80ミクロンというファインパターン基板の生産技術の確立を推進しています。多品種・高精度化するプリント基板ニーズに応える技術革新への果敢なチャレンジこそ、栃木電子工業の創業以来のモットーです。